年収200万の保育士の仕事例

>保育士年収TOP >> 年収別の保育士年収 >> 年収200万の保育士の仕事例

年収200万の保育士の仕事例

年収200万の保育士の仕事例としては、まずは20代の保育士が挙げられます。20代の保育士というのは、保育士の資格を取りたてで、これから実際に現場で仕事を覚えていく立場にあります。ですから、年収だけではなくしっかりと仕事を覚えてスキルを身につけることが重要です。ただ、全国の保育士の平均年収を見て見ると、30代の保育士の年収も200万円台であることがわかります。さすがに30代ともなると、200万円代では少ないと不満を感じる保育士の方も多いでしょう。また、保育士の年収は地域によっても差がありますので、同年代でも地域が違うだけで差が生まれてしまうこともあります。

保育士の年収問題は、保育士不足の問題に直結しているので、決して軽い問題ではありません。ただ、そうはいっても保育士全体の年収が急にアップするということはありませんので、職場を変えるなど自ら行動することで、改善を図るしかないのが現状です。いくら子供が好きだからと言う理由で保育士になったとは言っても、やはり年収は生活のためのものですからあまりに低くてはやっていけませんし、仕事に対するモチベーションも上がりません。年収200万円台だと、場合によっては普通にアルバイトをしていた方が稼げてしまう場合もあります。せっかく保育士資格を取って正社員として雇用されたのに、アルバイトよりも収入が少なくては悲しいですよね。

保育士として働き始めたばかりの頃は、どこの職場で働いていてもそれほど年収に大きな開きはないようです。しかし、数年経過してくると、職場によって差が生まれてきます。たとえば公立の保育園と私立の保育園であれば、公立の保育園の方が比較的高くなります。それは、公立の保育園で働く保育士は地方公務員と言う扱いになるため、年齢が上がっていけばそれに応じて収入もアップして行くからです。私立の保育園も同じように勤続年数が上がると年収もアップしますが、そもそもの賃金が低かったり、伸びが少なかったりすることもあります。私立の保育園の場合は、その施設によりかなり条件が変わると思って良いでしょう。

20代のうちは、200万円代の年収でも我慢して働けるかもしれませんが、30代になってくるとだんだん低い賃金で働いていることに不満を覚え、転職を考える方も増えてきます。確かに若いうちは転職もしやすいですが、まずは将来設計をしっかり立てて、それから転職や、今後の身の振り方を考えると良いでしょう。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.