女性の保育士年収の相場は?

>保育士年収TOP >> 保育士年収のFAQ >> 女性の保育士年収の相場は?

女性の保育士年収の相場は?

看護師や事務と並んで女性の代表的な職業でもある保育士。しかしニュースなどでもたびたび話題になっている通り、保育士の給与は決して高くはありません。他業種と比較してもそうですが、同じ保育士同士でも男性保育士より女性保育士の方が給与が低い傾向にあります。

まずは全職種の女性の平均年収を見てみましょう。女性の平均年収は359万円、年齢別にみると20代で324万円、30代で384万円、40代で433万円、50代で479万円となっています。

一方保育士の平均年収は男女合わせて350万円、女性保育士に限定すると314万円です。男女合わせても女性の平均年収に届かず、女性保育士のみでは45万円もの差があることがわかります。さらに年齢別に見てみると、20代では約257〜294万円、30代では約306〜327万円、40代では約348〜352万円、50代では約365〜410万円と全年代を通して女性の平均に届かず、50代の時点では平均に70万円近い差がついてしまっています。また、他業種では10年ごとに50〜60万円ほど給与がアップしているのに対し、女性保育士の昇給幅は10年で30万円程度と非常に狭いものとなっています。かつては女性の働き方はパートやアルバイトが一般的で、その収入はちょっとした家計の足しになれば十分、といったものでしたが、女性の社会進出が活性化し、女性も男性と同じように自立して稼ぐことが当たり前のようになっている昨今において、この給与水準は非常に低いと言わざるを得ないでしょう。

ただし、女性保育士でも十分な給与を得る方法はあります。一つは、主任保育士や園長といった役職に就くことです。役職に就くことで役職手当が支給されるようになり、主任保育士では60〜100万円ほどの年収アップ、園長になれば年収600万円以上と全職種の女性の平均年収を上回る収入を得ることも可能です。ただし保育士の役職を得るのは一般企業で役職に就く以上に困難なことです。主任保育士の場合は5年以上、園長の場合は少なくとも10年以上の保育士経験が必要であり、保育に対する熱意や後輩への指導力、保育園の運営や経営手腕と地域と良好な関係を築くためのコミュニケーション能力が要求されます。

また、公立保育園で働く公務員保育士になるという方法もあります。公務員保育士の平均年収は500万円以上と、これも全職種の女性の平均年収を大きく上回ります。ただしやはり公務員保育士になる道のりも簡単なものではありません。保育士として働きながら平均と同等、もしくはそれ以上の給与を得るには、相当の努力と忍耐が必要になります。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.