保育士年収が低い職場は?

>保育士年収TOP >> 保育士年収のFAQ >> 保育士年収が低い職場は?

保育士年収が低い職場は?

首都圏を中心とした保育園不足が大きな問題となっている中、近年は保育士の給与についても問題視されることが増えてきました。高齢化、女性の社会進出の活性化などに伴い保育士や介護士など福祉事業に関わる人員の需要は年々増しているにも関わらず、これらの職業は全般的に低賃金の傾向にあります。中でも保育士は、平均年収が約323万円と他業種と比較して100万円以上低いのです。

ただし、一口に保育士と言っても様々な職場、働き方があります。場合によってはこの平均年収を大きく上回る収入を得ている保育士もいるのです。代表的なのが、公立の保育園に勤める保育士です。地方公共団体が運営する公立の保育園で働く保育士は、実質公務員となります。そのため通常の保育士免許に加えて公務員の資格も必要になるのですが、そんな公務員保育士の平均年収は500〜600万円と一般的な保育士の年収を200万円近くも上回るのです。

一方で、一般的な保育士の平均年収に満たない職場もあります。保育園は大きく認可保育園と無認可保育園に分類されますが、無認可保育園は認可保育園に比べて保育士の給与が低い傾向にあります。認可保育園は国の設置基準を満たしており、国から助成金が支給されているため、ある程度人件費に余裕を持たせることができますが、無認可保育園には助成金による補助がないためにどうしても人件費を下げざるを得ないのです。

また、認可保育園であっても給与は自治体によって大きく変わります。最も保育士の給与が高いと言われているのが和歌山県で、反対に最も低いと言われているのが佐賀県です。この両県の保育士の平均年収には100万円近い開きがあります。

さらに保育士には正規保育士と非正規保育士、任期付き保育士など様々な働き方があります。非正規保育士は正規保育士と比べると給与は下がります。2011年度のデータでは、非正規保育士の割合が私立保育園で38.9%、公立保育園は53.5%と過半数を超えています。任期付き保育士は立場上は正規保育士ですが、3年間という任期が定められている保育士であり、主に正規職員が育児休暇に入る際の代替要員として採用されています。任期付き保育士は雇用期間が限定されるだけでなく、立場上は正規職員とは言え、給与は通常の正規職員の半分程度と待遇には大きな違いがあります。

このように、保育士の給与は単純に平均年収からだけでは判断することが難しく、私立か公立か、認可か不認可か、どこの自治体に属しているのかなどによって大きな差があるのです。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.