保育士年収が高い職場は?

>保育士年収TOP >> 保育士年収のFAQ >> 保育士年収が高い職場は?

保育士年収が高い職場は?

近年たびたび話題になる保育士の低賃金問題、いったいどれぐらい低いのかというと平均年収で約323万円、月収でいうと平均21.9万円です。これはあくまでも全年齢を通した平均であり、最も働き盛りであるであろう20代から30代の保育士では年収300万円に届かないケースも珍しくありません。保育士を目指している、保育士の仕事を続けたいけれどもこの給与には不満がある、と保育士の職をあきらめかけている人も多いのではないでしょうか。実際、年々高まる需要に反して保育士の人数は減少傾向にあります。

しかし、保育士の給料は必ずしも一律ではなく、探せば高い収入を得られる保育士の職場というものも存在するのです。

たとえば、公立保育園です。保育園には私立と公立があり、公立保育園に勤める保育士は公務員待遇となります。公立保育園は私立保育園に比べて経営状況も安定していますし、公務員待遇ですから給与や福利厚生の面でも安定していると言えるでしょう。また、給与の面でも私立と公立では大きな開きがあります。上でもご紹介したとおり、保育士の平均年収が約323万円なのに対し、公務員保育士の平均年収はおよそ500万円〜600万円です。この金額は市区町村によって違いがあるのですが、総じて私立の保育園よりも高額であり、場合によっては一般的な企業の平均年収を上回ることもあるでしょう。

また、私立の保育園であっても給与は市区町村により大きな開きがあります。たとえば、最も保育士の年収が高いと言われている和歌山県の平均年収が約382万円、反対に最も低いと言われている佐賀県の平均年収が220万円程度と160万円以上の差があるのです。また、自治体によっては住宅手当や各種の補助金制度などを設けている場合もあります。特に待機児童問題が深刻な東京や横浜などの首都圏などでこういった制度が充実しています。

保育士の働く場は、保育園だけではありません。それ以外にも企業や病院に設置されている保育施設に勤務するという方法もあります。こういった施設では保育園と異なり、給与をその企業が決定することができるので、企業の規模や運営方針によっては保育園よりも高い給与を得ることができます。

このように、保育士の職を諦めなくとも現在よりも高い収入を得ることは不可能ではありません。まずは転職サイトや各種自治体の情報など、いろいろな方法で情報収集をすることをおすすめします。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.