託児所の保育士年収

>保育士年収TOP >> 施設形態別の保育士年収 >> 託児所

託児所の保育士年収

保育士が働ける場所はいろいろありますが、その中でも託児所は、働く方に多く利用されている施設の一つです。託児所と保育園の違いは、国によって定められている児童福祉法の基準を満たしているかいないかで決まり、認可を受けているのが保育園となります。ただし、無認可だからといって、託児所が悪質な施設ということではありません。託児所にも、保育士の資格を持って働く方はたくさんいます。大きく違う点としては、親が働いていなくては子供を預けられないのが保育園なのに対し、託児所はそう言った制限がないことです。では、保育園ではなく託児所で働く保育士の年収はどの程度なのでしょうか。

託児所では、主に乳幼児を預かることになります。託児所が設置されている場所はいろいろで、簡易的に短時間子供を預かるような託児所もあれば、保育園と同じように長時間子供を預かる施設もあります。施設の運営形態により異なりますが、認可を受けている保育園に比べて稼働時間が短いことが多い託児所では、非常勤やアルバイト、パートといった形での求人が多く見られます。こうした非正規雇用の場合には、施設により差はあるものの、時給1000円前後といったところが多いようです。また、正社員での求人を見てみると、月給15万円前後が多くなっています。労働時間や業務内容などにもよりますが、認可を受けている保育園の保育士に比べて、託児所の保育士の年収は若干低いと言えるでしょう。

認可保育園で働く保育士と、託児所で働く保育士の年収の違いが出てくる理由の一つには、補助金制度があります。児童福祉法の認可を受けている保育園の場合には、国から補助金を受け取ることができますが、認可を受けていない託児所は補助金を受けることができません。そうしたことが、施設の運営や経営に影響しているので、現場で働く保育士の年収にも影響が出てきていると考えられます。

しかし、託児所で働く保育士の仕事内容が保育園に比べて劣るということでもありません。託児所の場合は、一般の保育園よりも院内保育園に近いイメージで、子供を預けに来る方のタイミングはバラバラです。ですから、随時対応しなくてはなりませんし、いつも同じ子供が来るとは限りませんから、臨機応変な対応力が必要になります。また、病院やイベント会場などで一時的に子供を預かる場合などは、次々にたくさんの子供が訪れるので、慌ただしい業務になります。そんな中で子供に食事を食べさせたり、オムツ交換や昼寝などを行っています。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.