公立保育園の保育士年収

>保育士年収TOP >> 施設形態別の保育士年収 >> 公立保育園

公立保育園の保育士年収

認可保育園は大きく公立保育園と私立保育園に分けられます。施設の規模や保育の内容に違いがあるわけではなく、そこで働く保育士も保育士資格を有していること以外に採用条件の違いはありません。しかし公立保育園と私立保育園には経営母体が自治体なのか民営なのかという点のほかにもう一つ、非常に大きな違いがあります。それはそこで働く保育士の給与です。

一般的に保育士は年収が低いことで知られています。実際、保育士の平均年収は約323万円、全産業の平均年収の442万円と比べると100万円以上低いことが分かります。しかしこれは公立の保育園で働く保育士と私立認可保育園で働く保育士、さらに無認可保育所で働く保育士の平均です。公立保育園の保育士の年収は平均約538万円と、保育士全体の平均年収を200万円も上回っているのです。

ただし、実は新卒の初任給は公立と私立認可保育所の保育士で大きな違いはありません。私立認可保育所の正規職員の初任給は20万円前後、これは一般企業の大卒者の初任給と大きな違いはありません。20代前半のうちは、公立と私立認可保育園の保育士の年収にほとんど差はありません。ではなぜ私立保育園の平均年収は公立に比べて200万円も低く、他業種と比べても低くなってしまうのでしょうか。その理由は昇給幅の狭さにあります。保育士の平均年齢は35歳前後、そして平均月収はおよそ22万円です。勤続10年を超えても初任給から2万円程度しか昇給していないことになります。一般的な企業であれば10万円近く昇給しているケースも珍しくありません。

どれだけ経験を積んでも長く勤めても給与が上がらない、その理由は私立認可保育園の経営形態にあります。私立認可保育園の収入は保護者からの保育料と税金による補助で成り立っています。保育料は保護者の収入によって決められているため、園が勝手に増額することはできません。当然、補助金も簡単に増額することはできません。基本的には園の収入は受け入れている園児の人数によって決まるため、保育士の人件費確保のためにいくら経営努力をしたとしても収入を増やすことはできず、十分に昇給させることができないのです。

こういった状況を受け、保育士の給与をアップさせようという政策が可決しましたが、それによって上昇する給与は月額数千円、私立認可保育園の保育士の待遇が大幅に改善されたとは言い難いでしょう。私立保育園で働く保育士の厳しい現状改善のため、国による更なる対策が必要なのです。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.