公立保育園の保育士年収

>保育士年収TOP >> 施設形態別の保育士年収 >> 公立保育園

公立保育園の保育士年収

保育園は大きく「認可保育所」と「無認可保育所」の2種類に分類できます。認可保育所は児童福祉法に基づく児童福祉施設となります。施設の広さや職員数、給食設備や防災管理など国が定めた基準を満たし、都道府県知事に認可された施設です。運営は公費によって賄われています。一方で無認可保育所は基準を満たしておらず、都道府県知事の認可を受けていない保育園です。そしてこのほかに、自治体によって独自の認可基準を定めて設置された保育園があります。認証保育園は東京都独自の認可基準で認可された保育園です。

東京のような大都市では、土地の確保が困難な為に施設・設備面で国の認可基準を満たす事が難しいという点、また国の認可基準には0歳児保育が定められていないことから0歳児保育を行わない保育園も多く、保護者のニーズに十分にこたえることができていない状況でした。こういった状況改善のために定められたのが認証保育所制度です。

異なる基準で運営されている施設とはいえ、認可保育所と認証保育所とで、保育内容に大きな違いはありません。ただし、認可保育所の保育料は保護者の年収に応じて自治体が定めているのに対し、認証保育所の保育料は保育所が自由に設定することができます。これが保育士の年収に影響を与えることはあるのでしょうか?

保育士の求人情報で比較してみましょう。認可保育所では4年制大学卒者の月給を187,000円以上、高専・短大卒者の月収を175,000円以上としています。一方で認証保育所では月給180,000円以上としており、そこに皆勤手当やキャリア手当などが付与されて180,000円〜200,000円が相場となるようです。こうしてみると初任給では大きな違いがないことがわかります。ただし、公費で運営されているために簡単に人件費の増額ができない認可保育所に対し、認証保育所は保育料の増額などによって比較的柔軟に人件費の増額が可能です。そのため昇給幅は認可保育所よりも認証保育所の方が大きい場合もあります。勤続期間の総収入で見ると、認証保育所の方が高くなるケースも多いでしょう。もちろん、保育料の値上げは利用者離れを招き、保育所の経営を危うくする恐れもあるために、そう簡単に実施されることではありません。そのため、働く場を選ぶときには給与だけを目的に認証保育所を選ぶのではなく、職場環境や福利厚生など総合的に判断することが大切なのです。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.