学童施設の保育士年収

>保育士年収TOP >> 施設形態別の保育士年収 >> 学童施設

学童施設の保育士年収

保育士といえば、保育園などでまだ未就学の乳幼児のお世話をするというのが一般的なイメージですよね。しかし、学童施設という施設では、それよりももっと年齢が上の小学生などを預かる場合もあります。学童施設では、学校が終わってからの放課後に、施設で小学生を一時的に預かるのです。例えば、両親が共働きで子どもが帰宅しても家に誰もいない場合などに利用されます。こうした学童施設で働く保育士の年収はどのようになっているのでしょうか。

学童施設で働く職員のことは、学童保育士動員などと呼ばれています。学童施設を運営している運営元は公立のこともあれば、民間団体だったり中にはNPOであることもあります。こうした学童施設で働く学童保育指導員の仕事は、子供たちとコミュニケーションをとったり、子供同士で遊んでいるのを監視しています。小学生なので、子供たちは自ら遊ぶことができますので、お世話をするというような感じではありません。このような学童保育施設で働く学童保育指導員ですが、特別な資格はなくても働くことができます。しかし、基本的には求人などを見ると保育士や教諭など何らかの資格を持っていることが条件となっている場合が多いようです。普段乳幼児の世話をしている保育士の仕事とはかけ離れているようにも思えますが、子供の成長を見守り、時には手助けをするという点では共通しているでしょう。

保育士の資格を持った方が、学童保育指導員として働いた場合の年収ですが、まずそもそも学童保育施設は子供を預かる時間が放課後の短時間となってしまうので、正社員というよりはアルバイトやパートといった非正規雇用になることがほとんどです。場合によっては正社員として正規雇用を募集しているところもありますが、とても少ないので探すのは容易ではないでしょう。そして、保育士資格を持った学童保育指導員の給料ですが、保育士はただでさえ給料が安いと言われていますから、当然非正規雇用の指導員の給料も期待できません。地域や年齢などにもよりますが、月給にして10万円〜といったところでしょう。

時給に換算すると、1000円に満たない場合も多いようです。学童保育指導員の求人には保育士資格と書かれていたとしても、なくては仕事ができないということではありませんので、当然資格手当のようなものも支給されません。よって、学童保育指導員として働く保育士の給料は、一般的な保育士以下となるのです。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.