東京の保育士年収

>保育士年収TOP >> 地域別の保育士年収 >> 東京

東京の保育士年収

東京の保育士年収の相場は、およそ440万円となっており、当然ですが全国の中でもっとも保育士の平均年収が高くなっています。東京は日本でもっとも物価が高い都市なので当たり前ですね。しかし、これは保育士の平均年収で考えた場合のことであって、決して高い年収ではありません。東京の場合、東京全体の平均年収は605万円にも上ります。保育士の平均円年収と比べると160万円ほどの差がありますので、いかに保育士の賃金が安いかということが明確にわかります。保育士全体の平均年収の315万円は優に超えていますが、だからと言って東京で働く保育士は決して裕福ではないのです。東京の保育士の年収は、平成22年頃と比べてやや減少したようです。東京で働く保育士男女の平均年収は、ほぼ同じでした。

東京は、保育士に限らず働き口は沢山あります。保育士として働く場合にも、保育園から院内保育園、託児所、プレスクールに幼児教室など様々な場所があります。ですから、保育士としての資格さえ持っていればすぐにでも働く場所は見つけられます。しかし、待遇に満足いくかどうかは別です。保育園不足により待機児童が問題となっているものの、保育士の求人には正規雇用の求人が少ないのも特徴の一つです。非正規雇用で働く保育士が多いことも、東京の保育士の平均年収を引き下げている理由の一つと考えられます。

それでも保育士の仕事をする方は、やはり年収ばかりにとらわれず、仕事そのものにやりがいを見出したり、子供と接することができる仕事に満足を感じている方が多いです。ただ、将来的なことを考えた場合に、このまま働き続けて大丈夫なのか、それとも収入のことを考えて別の職場への転職が必要なのかといったことを真剣に考えることも大切です。保育士の仕事がいくら好きでも、やはり収入が少なすぎてはやっていけません。また、男性の場合は結婚することを考えると、家族を養っていかなくてはなりませんので、収入は非常に現実的な問題となります。保育士はまだまだ需要が高いので、働き口がないということはまだまだ考えられませんが、より良い環境で働くためには、例えば転職をするという選択肢も視野に入れておく必要があるでしょう。また、公立の保育園であれば地方公務員の扱いになるので、しっかりボーナスが支給されますし、将来の安定性も望めるので保育士の間では人気となっています。その他、夜勤がある院内保育園も比較的高収入で人気がありあす。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.