大阪の保育士年収

>保育士年収TOP >> 地域別の保育士年収 >> 大阪

大阪の保育士年収

大阪の保育士年収の相場は、平均年収でおよそ347万円となっています。月収に換算するとおよそ23万円、ボーナスは65万円となります。全国の保育士の平均年収である315万円を少し上回った形となりますが、決して高い金額ではありません。それは、大阪府全体の平均年収を見るとわかります。大阪の平均年収は約526万円となっており、大阪の保育士の平均年収である347万円とは200万円近い差があります。200万円というと、新卒者の年収くらいありますので、この開きは大きいといえます。ただ、大阪府の保育士の平均年収は平成22年ころから比べてやや上昇傾向にあります。他の地域では、保育士の平均年収は減少傾向にあるところが多いため、このような状況は非常に珍しいです。詳しい内訳を確認すると、月給もボーナスもどちらもやや増加していることがわかります。さらに、大阪府の保育士の平均年収を男女別で比較してみたところ、やや女性の方が金額的に上回っていることがわかります。

大阪府の保育士の平均年収は、他業種と比べてやはり低いので、まだまだ状況はよくありません。しかし、近年上昇傾向にあることから今後より改善されることが期待できます。大阪府は東京に次ぐ大きな都市ですし、人口も多いため保育施設はすでにかなりの数があります。ですが、それでも待機児童問題が解消されないということは、もっと保育施設や保育士が必要だということでしょう。そして、この待機児童問題を解消するには、大阪府全体の保育士の賃金を底上げして、保育士になる人間を増やしていくことも必要です。子供と接する仕事がしたくて保育士の資格を取る方はたくさんいますが、現実は残業が多く、安い賃金で過酷な労働を強いられているのが保育士という職業です。

院内保育士や公立の保育園、そして一部の私立保育園で働く保育士はそれなりの待遇で働くことができていますが、全体で見ると低い年収で労働している保育士がほとんどです。また、保育士の雇用状況を見ると、アルバイトやパートなどの非正規雇用で働いている方が多いこともわかります。家事と両立をしながら働きたい主婦の方であれば、そうした働き方が都合よいかもしれませんが、保育士一本で独立して生活をする方にとって、今のままの年収ではなかなか厳しいものがあります。今後も高い需要が想定できる保育士の賃金アップは、これからの社会にとっては急務といえるでしょう。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.