神奈川の保育士年収

>保育士年収TOP >> 地域別の保育士年収 >> 神奈川

神奈川の保育士年収

神奈川の保育士年収の相場は、平均年収でおよそ332万円ほどとなっています。月収にしてだいたい23万円、ボーナスが48万円となります。保育士に全国平均年収は315万円程度となっていますので、それと比較すると一応は上回っています。しかし、根本的に保育士の平均年収は他業種に比べて低いものとなっているため、決して楽観視はできません。というのも、神奈川県は全国の都道府県における年収は東京に次ぐ第2位となっており、その金額はおよそ544万円となっています。

この金額と比較するとわかりますが、神奈川県で働く保育士の平均年収はその200万円も下ということになります。これは、いかに保育士の給料が安く設定されているかということがわかる例です。また、神奈川県の保育士の平均年収は、平成22年頃と比較するとやや減少傾向にあります。その内訳を見てみると、月収はそれほど変わりありませんが、ボーナスの金額が減少していることが要因となっているようです。そして、神奈川県で働く保育士の男女別平均年収ですが、こちらはやや女性の方が上回っているものの、それほど大きく開きはありません。ただ、圧倒的に女性の保育士の方が多いです。

神奈川県は、埼玉県や千葉県などと同じ関東で東京に近く、大都市横浜を抱えていることから、非常に物価は高い地方と言えます。ですから、それなりの年収がないと厳しいと言えます。ですから、平均年収315万円の神奈川県の保育士は状況としてはとても厳しいでしょう。こうした状況を改善するためには、例えば一般の保育園ではなく院内保育園などの比較的年収が高く設定されている施設で働くのも一つの手段と言えます。院内保育園は病院で働く看護師の子供を専門に預かる施設なので、24時間365日稼働している施設が多くなります。ですから、夜勤が当たり前にあるので、基本給に夜勤手当分が含まれていたり、別途夜勤手当が支給されるなどするので、一般の保育園で働く保育士の給料よりも高くなる場合が多いのです。

あるいは、私立の保育園ではなく公立の保育園に勤めるのも悪くありません。公立の保育園で働く保育士は、地方公務員と言う扱いになります。ですから、若い頃はそれほど賃金は高くありませんが、長く勤めていれば年齢とともに年収もアップします。一般企業のように業績不振でボーナスが支給されないということも考えにくいです。年収500万円超えはさすがに厳しいかもしれませんが、保育士の中では安定していると言えます。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.