30代の保育士年収

>保育士年収TOP >> 年齢別の保育士年収 >> 30代

30代の保育士年収

厚生労働省調べによる賃金構造基本統計調査では、保育士の平均年収は全国平均で約315万円となっており、その中で30代の保育士の平均年収はおよそ262万円となっています。月給だとだいたい16万円前後にボーナスが65万円程度といったところになります。20代の保育士年収に比べると増額していますが、それでも30代の年収としては決して高くありません。30代といえば、どの職業でも仕事はある程度身についてきて、管理職になったり役職がついたりといった状況が想定できます。それでもこの金額ということは、いかに保育士の賃金が低いかということがわかります。こうした年収相場を考えると、やはり保育士になるなら、勤め先はできる限り公立の保育園にするべきです。公立の保育園なら、地方公務員となりますので、賃金水準も保育士の相場ではなく地方公務員の相場となります。地方公務員の年収ならば、20代のうちに200万円代後半を目指すことができます。そして、30代になれば300万円代、40代には400万円代半ばから後半になりますので、かなり安定してくることがわかります。

保育士の年収相場はどの年代を見てもとても低いことがわかりますが、ただ年収相場が低いだけではありません。保育士の現場では、残業が多いことも問題となっています。賃金が低い上に残業が多く、残業代が支給されるわけでもないとなれば、保育士になりたいと考える方も減少する一方でしょう。20代のうちは、仕事を覚えるという意味で年収が少なくても頑張れるかもしれませんが、30代になってくるとそれなりに立場もできたり、結婚して家族ができたりする方もいると思います。そうなった時に将来を考えて見ると、保育士の低い年収のままでやっていけるのかと不安を抱える保育士の方も少なくないはずです。

30代は、まだまだ働き盛りの年齢です。35歳までなら保育士としてはもちろんのこと、異業種や異業界への転職も可能な年齢です。もし、そのままの低い保育士の年収で将来が不安となった場合には、転職を視野に入れるのも一つの手段でしょう。例えば同じ保育士でも、公立と私立の保育園がありますし、その他にも託児所であったり幼児教室であったりと働く場所はたくさんあります。運営形態だけではなく、働く場所によっても待遇や賃金は違ってきますので、今後の将来設計を考えた上で、どのように動くかを考えると良いのではないでしょうか。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.