20代の保育士年収

>保育士年収TOP >> 年齢別の保育士年収 >> 20代

20代の保育士年収

20代の保育士年収の相場はどれくらいでしょうか。まず、保育士の平均年収ですが、全国平均は約315万円、月給にして約20万円前後となっています。これは、厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査というものを参考にした数字です。さらに、20代の保育士年収に絞ってみると、だいたい200万円前後が平均的な金額となるようです。年収が200万円というと、月給で計算するとおよそ11万円くらい、ボーナスが40万円から50万円程度となりますが、かなり苦しいのではないでしょうか。

このような数字は、やはり現場で働く保育士も多くの方が不満に思っているようです。そもそも保育士の賃金が低すぎるという意見や、ボーナスが少なすぎるといった意見、残業手当が出ない、なかなか昇給しないなど様々な不満が挙げられています。また、保育士は正規雇用として働くことができていれば良いですが、非正規雇用としてしか働けていない方も大勢います。そのため、さらに賃金が低くなってしまっているのです。

日本国内では、保育園にこどもを預けたくてもいっぱいで預けられない方がたくさんいます。待機児童はとても大きな社会問題となっていますが、これは単に保育施設を増やせば解決する問題ではありません。このように保育士の年収が少なすぎると、今後新たに保育士になろうとする20代の若者は現象してしまいます。そうならないためには、20代はもちろんですが保育士全体の賃金アップを進めていく必要があります。

20代保育士の年収相場を考える上で、働いている施設が公立か私立かでも実は違いが出てくる場合があります。まず、公立の保育園で働く保育士の場合は、地方公務員の扱いとなります。よって、給料の基準も地方公務員ですから、同年代の他の職業の方に比べてやや高い水準となることがあります。また、給料面だけではなく、福利厚生や将来的な安定も見込むことができます。一方、私立で働く保育士の場合は、その施設次第で大きく変わります。

中には、公立の保育園で働く保育士より良い待遇で働くことができる場合もありますが、その逆にかなりの低賃金で働くことになってしまう場合もあります。やはり、私立の保育園の場合には、規模の大きい施設の方が比較的良い待遇で働くことができそうです。ですから、現在働いている施設の待遇や給料が、相場に比べてあまりにも低いと感じた場合には、その施設に問題があるとも考えられますので、転職を考えるのも必要かもしれません。

保育士の年収アップできる求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 保育士年収アップランキング All Rights Reserved.